チャンティング/タンブーラ/プージャー

チャンティング/詠唱(ヴァーグヨーガ)

ヴァーグヨーガ(vagyoga)とは、ヴァーグ(声)のヨーガという意味です。この講座では、サンスクリット(梵語)のマントラ、賛歌(ストートラ)、詩句(シローカ)などのチャンティング(詠唱)を学びます。発声法・発音・音階・意味と、トータルな内容となっています。毎回、テキストから、いくつかの詩節をとりあげ練習します。

サンスクリットの真言や讃歌を詠う(発声する)ことで、脳や神経系に精妙な波動を与えます。それにより精妙な意識を養うことができます。

学んだことがあるが、正しい発音と音階を知りたい、詩句の意味を知りたい、初めてだが興味があるので学びたい、などどなたでも参加可能です。経験を積んだ方には、中級や上級の個人レッスン、希望者には弦楽器タンブーラを演奏しながらの詠唱法の指導やプージャーと呼ばれるヴェーダの儀式の指導も行っています。

チャンティングとは?

詩歌などを、ふしを付けてうたうことを、「詠唱、吟唱」といいます。英語ではチャンティング(Chanting)、チャント(Chant)です。「グレゴリアン・チャント」と言えば知っている人も多い。「グレゴリア聖歌」と訳されるもので、ローマ・カトリック教会で用いられる無伴奏の宗教音楽のことです。

ヴェーダ聖典は主に四音階で詠唱されます。高音(udātta)、中音(svarita)、低音(anudātta)、特別な高音(pratyaya)です。サーマ・ヴェーダの場合は、七音階となります。

詠唱者は、詠唱前に瞑想を行い、心を整え、静寂のレベルから詠唱することが望ましいです。また、正しい発音と音階も重要です。それにより、マントラや祈りの言葉の響きは聞く人の心の深くに大きな静寂と神聖なエネルギーをもたらすことでしょう。

講座日程

インドの楽器タンブーラの演奏法を学びます。他者の演奏やボーカルの伴奏だけをする場合と、御自身で演奏しながら演奏する場合の両方のケースがあります。演奏しながらチャンティングすることは、安定し美的なチャンティングを生み出します。チャンティングに慣れてきたら、タンブーラ演奏を伴うチャンティングへとチャレンジしてみてください。

 

講座: 個人レッスンのみ

注意:
・練習用にはタンブーラは男子ボーカル用のものは当方で用意しています。
・インドの専門家がセレクトしたものを当方ショップサイトで輸入販売しています(数ヵ月で届きます)。

お申し込み:
随時、個人レッスンを行っていますので、お問い合わせください。

ヴェーダの伝統儀式プージャーを学びます。チャンティング初級講座2までは受講経験しているか同等の経験のある方を対象にしています。「ガネーシャ・プージャー」(初級)から始め、マスターした方にはほかのプージャーも指導します。

講座: 随時個人レッスン実施

1. 講座内容の録音不可
2. 床に座って行います。希望者には椅子を用意しますので申し込み時にお申し出ください。
3. より正確なサンスクリットの発音を学ぶには、サンスクリット講座をお勧めします。
4.詠唱をさらに深めたい方は個人セッションを受講ください。
5.この講座で学んだことは許可なく他者に開示、指導できないことを予めご了承ください。
6.チャンティング指導に興味のある方は、個人レッスンを行いますのでご相談ください。
7.テキストは、ご持参いただくか、当日ご購入ください。ヴェーダ・マントラ集Part1+2(セット割引となっています)  ➡ショップ   ➡アマゾン

ヴェーダ・マントラについて

サンスクリットサンスクリットの賛歌や詩句は誰もがチャンティングできるものです。ヴェーダ・マントラは特別の知識が必要となります。ヴェーダ・マントラに含まれるものは、四つのヴェーダ、ウパニシャドなどです。

  • マントラ(mantra  真言)は、 ヴェーダ聖典(紀元前1200年頃)に収められている様な聖句であり、自然の神格の賛歌です。ヴェーダ祭祀で使用されます。
  • ヴェーダ・マントラ詠唱は伝統的な家系により代々口承されてきたものであり、2009年9月ユネスコ世界無形文化遺産に正式に登録されました。
  • ヴェーダは、リグ・ヴェーダ、サーマ・ヴェーダ、ヤジュル・ヴェーダ、アタルヴァ・ヴェーダと付随するウパニシャドなどの聖典群を指します。
  • ヴェーダ・マントラは、音階や詠唱法、使用法は厳格に定められています。専門家から学ぶ必要があります。近年では、アレンジされたり、歌謡曲のように歌われているものもありますが、伝統的な形を守る必要があります。
  • 様々な賛歌、詩句などは、ヴェーダの時代以降、いわゆるヒンドゥー教の祈りとして、一般大衆の間にも広く歌われてきたものです。
  • ヴェーダの自然神格を擬人化したもの、グルや両親などへの感謝、賛美、懇願、祈念、帰依を表す内容です。
  • よく知られているものに、短い歌や神の名前を繰り返し歌うキールタンやバジャン、24音節からなる讃歌などがあります。
  • マントラに比べ、音階の基底は厳格ではなく、より音楽的です。地方や指導者により異なるメロディとなったり、サンスクリットではなく、ヒンディーや外の言語のものもあります。

事前にご予約ください。ご不明な点はお問い合わせください。