ヴェーダセンター
やじるし HOME (日本語)  
  ヴェーダ・瞑想・ヨーガをトータルにサポートします
VEDA CENTER-rogo
menuBG イベント・セミナーカレンダー 瞑想&ヨーガ カウンセリング&セラピー レッスン&サービス インド占星術・ジョーティシュ オンライン・ショッピング menuBG
title
 
 

瞑想の歴史
 

インダス文明統合期、モヘンジョダロなどの遺跡から、ヨーガ瞑想のポーズを取り、瞑想姿のパシュパティ(ルドラ・シヴァ)が描かれている石印が発見されています。このことから、ころから土着のヨーガや瞑想は行われており、チャクラの概念があった可能性も否定できません。

 

BC1,500年ごろ、アーリア人がインドに侵入し、BC1,200頃編纂されたのがヴェーダ聖典です。ヴェーダ聖典には”ヨーガ”や“チャクラ”という言葉が始めて文字として登場します。

 

BC200年ごろから編纂された、後期古ウパニシャドやそれ以降の論書中にはヨーガ系のウパニシャドには、ヨーガ、チャクラの概念が説かれています。ヨーガとは「結びつける」という意味のサンスクリットで、真我と結びつくことが悟りとして、ウパニシャドでは説かれています。ヤマやニヤマが含まれない、ヨーガの六部門(シャターンガ・ヨーガ)もいくつかのウパニシャドで説かれています。

 

この時代に、瞑想法、呼吸法(プラーナヤーマ)、座法(アーサナ)などの体系が整ってきたのと思われます。ゴータマ・ブッダ(仏陀)が瞑想で悟りを得たのもこの頃です。

 

AD5世紀、パタンジャリが ヨーガ・スートラを編纂し 、ヨーガ哲学の論書を編纂しました。このなかでは、ヨーガの八部門が説かれていますこれは古典ヨーガやラージャ・ヨーガと呼ばれています。瞑想や哲学を中心とする体系です。

 

AD10〜11世紀には、ゴーラクシャにより肉体的た修練法であるハタ・ヨーガが体系化され、アーサナ、プラーナーヤーマ、チャクラなどの概念が体系化されました。

 

20世紀になるとクンダリニー・ヨーガという流派が広まります。チャクラ理論は、ハタ・ヨーガ系の文献を読む限り、ヴェーダの哲学とともに発展していったと考えられます。

 

インドの土着伝承によって行われていたヨーガの中にはすでにチャクラの考えがあり、ウパニシャッドの考えと融合していったのでしょう。チャクラの概念は仏教にも広まり、チベット密教で説かれたり、西洋では独自にチャクラを捉えその考え方が広がっています。

 

⇒参考記事(ブログ)「日本へのヨーガの伝来」

 

> PAGETOP
ヨーガの八支足(アシターンガ・ヨーガ) 
 

パタンジャリは、ヨーガによる解脱の道を「ヨーガ・スートラ」として編纂。生命を八領域に分け“アシターンガ・ヨーガ(ヨーガ八支足)“として、それぞれの意味と実践を説きました。八支足は、ヨーガの実践が扱う生命の八つの領域を表しています。

 

  サンスクリット 内容 関係領域
1 ヤマ 禁戒 非暴力/正直/不盗/梵行/不貪 社会・人間関係
2 ニヤマ 勧戒 浄化/知足/苦行/学習/献身 体と神経系
3 アーサナ 座法 体、呼吸
4 プラーナーヤーマ 呼吸制御 呼吸法 呼吸
5 プラテャーハーラ

感覚内向

注意を内に向けること 五感
6 ダーラナー 精神集中 精神集中法 心(思考)
7 デャーナ 瞑想

注意を最も精妙なレベルに導く瞑想法

心の表面〜深み
8 サマーディ 三昧境 精神活動が停止した状態(真我の経験) 心の一番の深み

 

※サマーディでの真我の発達とともにほかの7つの領域も成長します。また各領域で適切な実践を行えば目的の達成はより早くなります。

 

> PAGETOP
古典文献より
 
「真我(アートマン)は自ら輝く知覚であり…。直接、認識され、一切の内にある目撃者、観察者である。永遠であり、属性がなく、不二である」〜「ウパデーシャ・サーハースリー」(アディ・シャンカラ)

 

「ヨーガとは心の働きを滅することである。…意識が、同一対象に対し中断せず、一筋に集中している状態が瞑想(デャーナ)である。…その状態で、対象だけが存在し心は空っぽになったときが三昧(サマーディ)である。…これらの修得によって真の智慧が生ずる」〜「ヨーガスートラ」(パタンジャリ)

 

「悲しさに悩まず喜びをも切望しない人、執着と 恐怖と怒りを離れた人、そのような人は理知の確立した賢者と言われる。…確立の状態にない人には… 安定した想念もない。…安定した想念のない人には平安がない。平安のない人にどうして幸福があろうか。…自己をヨーガに確立し一切に平等な見方をする人は、万物に真我を見、真我を万物に見る」〜「バガヴァッドギータ」(ヴャーサ)

 
※アディ・シャンカラ

アディ・シャンカラ(700〜732年)は、インド最高の哲学者のひとりです。宇宙の究極の実在「ブラフマン(梵)」と各個体に内在するアートマン(真我)は同じという、「不二一元論(アドヴァイタ)」を創唱しました。32歳で亡くなるまでにインドに東西南北に4つの僧院を建立。現在も、シャンカラーチャーリアの座(マット)として継承されています。4つの僧院はそれぞれ4つのヴェーダ(リグ、サーマ、ヤジュル、アタルヴァ)を管理してい ます。

 

4つの僧院(シャンカラの弟子が建立)

西:シャーラダ・マット in Dwarka in Gujarat (リグヴェーダ)

東:ゴーヴェンドラ・マット in Puri in Cuttack (アタルヴァヴェーダ)

北:シュリンゲーリ・マット in Sringeri in south India(ヤジュルヴェーダ)

北:ジョーティル・マット in Badrinath in the Himalaya(サーマヴェーダ)

南:カーマコーティ・マット in Kanchipuram in south India  (シャンカラが建立)

> PAGETOP
Copyright 2006 All Rights Reserved
Produced by OFFICE TODO