各種ハタ・ヨーガの実践講座

ヨーガ・エクササイズ

全身の関節周りをほぐす準備運動スークシマ・ヴャヤーマと全身運動のスーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝体操)を学ぶコース
詳細を見る

ヨーガ・アーサナ(ポーズ)

アーサナは、座法や体位(ポーズ)を意味します。体の強さと柔軟性を高め、健康を増進します。基本的なポーズを学ぶコース
詳細を見る

クリヤー(浄化法)

呼吸法や瞑想の準備となる、神経系や頭部浄化のカパーラ・バーティ(呼吸法)、アグニ・サーラ(腹部運動)などの浄化法を学ぶコース
詳細を見る

プラーナーヤーマ(呼吸法)

複式呼吸、胸式呼吸、アヌローマヴィローマ、バンダを伴う保息法などの呼吸法(プラーナーヤーマ)を学ぶコース
詳細を見る

バンダ/ムドラー

呼吸法の準備ともなる、エネルギーや忍耐力、強さを生み出すムドラー(mudrā)のなかのバンダなどの実践を学ぶコース
詳細を見る

ハタ・ヨーガは、健康増進だけでなく、最適なコンディションを生み出し瞑想を深めます

各種ハタ・ヨーガの実践が学べます。

より深くスムーズな瞑想の実践の準備や助けとなるだけではなく、生活習慣病、呼吸器系の効率性・強さ・換気能力、肉体・神経系の浄化、身体の柔軟性や健康増進にも非常に効果的です。

初心者の方は、ヨーガ・エクササイズとクリヤー(浄化法)講座を受けてみてください、そして興味を持たれたら、随時、ほかのコースを受講してみてください。経験者はどの講座から始めても大丈夫です。

ハタ・ヨーガ講座の特徴

  • 段階的により上位の実践が学べます
  • 規則的に実践することで効果が累積します
  • 初心者から安心して学べます
  • 体が硬い方でも大丈夫です
  • 講座修了後ご自宅で実践できます
  • 必要に応じて何度でも受講できます
  • 古典的ハタ・ヨーガの理論と実践にもとづいています

ハタ・ヨーガ4部門

アーサナ(ポーズ)の実践の準備運動として以下の二つのエクササイズがあります。

  1. スークシマ・ヴャヤーマ(身体細部の運動)
  2. スーリャ・ナマスカーラ(太陽礼拝運動)
ハタ・ヨーガにおいては、主に以下の四つの身体的実践があります。

  1. クリヤー(浄化法)
  2. アーサナ(ポーズ)
  3. ムドラー/バンダ(エネルギー増強)
  4. プラーナーヤーマ(呼吸法)

「各種ハタ・ヨーガの実践講座」では、これらの伝統的な実践を学びます。

一般にいうヨーガは、ハタ・ヨーガの実践のなかのアーサナ(ポーズ)を指します。これは、本来、快適に座り、瞑想できるように体の強さと柔軟性を養うためにあります。

呼吸法は、呼吸器系を強化するだけではなく。瞑想に適した呼吸や精神状態を養うためにあります。脳や体のエネルギーを整え、心の静けさを生み出します。

各種、クリヤー(浄化法)は身体をきれいにしたり、また過剰なカパを減らしたり、消化力を高め未消化物が蓄積するのを防いだりするためにあります。

ハタ・ヨーガはラージャ・ヨーガのためにあると言われています。瞑想の実践が最終的にハタ・ヨーガのゴールへと人を導きます。

ラージャ・ヨーガとハタ・ヨーガを組み合わせるのがベストです。

  1. 浄化法(ネーティー、アグニサーラ、ナウリ)
  2.  準備運動(スークシマ・ヴャヤーマ)
  3. スーリャ・ナマスカーラ
  4. アーサナ
  5. 浄化法(ナーディ・シュッディ、カパーラ・バーティ)
  6.  バンダ
  7.  呼吸法
  8.  瞑想
  9.  上級瞑想

ご関心や必要性に応じてラーニング・プログラムを決めます。

A 瞑想から学ぶ

  1. ラージャ・ヨーガ・イントロダクション講座
  2.  ソーマ瞑想
  3. ヨーガ・エクササイズ(準備運動+スーリャ・ナマスカーラ)
  4. ヨーガ・クリヤー(浄化法)
  5. ヨーガ・バンダ

B ヨーガから学ぶ

  1. ラージャ・ヨーガ・イントロダクション講座
  2.  ヨーガ・エクササイズ(準備運動+スーリャ・ナマスカーラ)
  3. ヨーガ・クリヤー(浄化法)
  4. ヨーガ・バンダ
  5. ソーマ瞑想

基本プログラムがマスターできれば、興味と必要性に応じて、増やしていきます。

  1. アーサナ
  2. バンダ
  3. プラーナーヤーマ
  4. 上級瞑想

できるところから始めてみてください!