ヴェーダ哲学講座

Vedic philosophy course

ホーム / ヴェーダ関連コース / ヴェーダ哲学講座

ヴェーダ哲学講座

ヴェーダ哲学講座

この講座は、ヴェーダとヨーガ哲学に関する深い理解と知識を提供し、主要な哲学的文献とテクニカルなアプローチを用いて、至高の存在や宇宙の根本原理に焦点を当てています。講座は、これらの哲学的テキストと実践的な要素を結びつけ、個人の生命の日常や、至高の存在や宇宙の根本原理に関する包括的な理解を提供します。古代の知恵と現代の適用を結びつけ、個人の成長と精神的な探求をサポートする教育プログラムとしております。

ヨーガ・スートラ

『ヨーガ・スートラ』は、古代インドの哲学者であるパタンジャリによって編纂されたヨーガ哲学の古典です。この文献は、ヨーガの実践、精神的な目的、そして人生の目的についての原則や指針を提供します。講座は『ヨーガ・スートラ』からの教えを含み、ヨーガの哲学的基盤を探求します。

▲詳細を見る

サーンキャカーリカー

『サーンキャカーリカー』は、インド六派哲学のテキストでの一つです。このテキストは、ヨーガ哲学の論理的背景となるもので、宇宙の構造、自己(プルシャ)、物質(プラクリティ)、知識、解放などに関する基本的な原則を説明しています。ヨーガ哲学は、サーンキヤ哲学と深い関連があり、サーンキヤ哲学の理論的枠組みがヨーガ実践の基礎となっています。

ハタ・ヨーガ・プラディーピカー

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』は、スヴァトマラーマの教えを通してハタ・ヨーガを学ぶための古典的なテキストです。ハタ・ヨーガは、肉体的な実践、浄化、エネルギーの管理、瞑想などを通じて身体的実践を中心におき、精神的なゴールを追求するヨーガの一派です。この講座では、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』からの教えに基づいて、ハタ・ヨーガの原則を学ぶことに焦点を当てています。

ゲーランダ・サンヒター

『ゲーランダ・サンヒター』は、ゲーランダの教えをまとめたもので、ハタヨーガの伝統を受け継いだ重要な古典の一つです。このテキストは浄化法を重要視し、様々な身体的な実践について詳細に説明しており、ハタ・ヨーガの重要な指南書とされています。ヨーガ実践者や研究者にとって、ハタ・ヨーガの理解を深め、実践を向上させるための貴重な資料です。

バガヴァド・ギーター

『バガヴァド・ギーター』は、古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』の一部であり、アルジュナとクリシュナの対話を通じて哲学的な教訓を伝える重要な文献です。講座では、『バガヴァド・ギーター』の教えから、ダルマ、正義、行動の技術、知識のヨーガ、献身のヨーガ、行為のヨーガ、ラージャヨーガ、三つのグナ、宇宙の根本原理などに関連する教えを学びます。

ウパニシャド

ウパニシャドは古代のヴェーダ哲学の聖典で、個人と宇宙の本質とその関係を探求します。講座では、ウパニシャドからの代表的な思想を通じて、宇宙、自己(アートマン)、至高の存在(ブラフマン)との関係などを考察します。

ヴェーダ

ヴェーダは古代インドの最も古い聖典で、古代インドの宗教的・哲学的な知識の源であり、主にリグ・ヴェーダ、ヤジュル・ヴェーダ、サーマ・ヴェーダ、アタルヴァ・ヴェーダがあります。それぞれ異なる用途や内容を持っています。これらのヴェーダはインドの思想の基盤をなしており、非常に重要とされています。後の哲学や宗教の発展に影響を与えました。以下のような要素を含んでいます。

  1. 祭儀と儀式
    ヴェーダは宗教儀式と儀式のための詳細な指針を提供します。これらの儀式は神聖で重要であり、神々への崇拝や宗教的な行事で使用されます。
  2. 詩節(マントラ)
    ヴェーダは詩の形式で書かれており、その詩は古代の聖職者(ブラフマン)たちによって伝承されました。これらの詩は言葉の響きやリズムに重点を置き、口承伝承されました。
  3. 宗教的教え
    ヴェーダには神話、宗教的な物語、神々への讃美の詩が含まれています。これらの教訓は宗教的な信念や実践に影響を与え、宇宙観や人生観を形成しました。
  4. 哲学
    ヴェーダには哲学的な議論、宇宙と自己の本質に関する思考、倫理観念などが含まれており、哲学的な洞察を提供します。

オンライン事前相談

定例説明会

定期的に月2回の説明会(無料)をオンラインで行っています。以下の予約サイトよりお申し込みください。

常時開催説明会

定例の日程の都合がつかない場合は、常時、開催してますので、予約サイトからご希望の日時をお申し込みください。

お申し込み

お申し込み

以下のページよりコースを選択してお申し込みください。

料金プラン

以下のページより料金プランをご確認ください。

Contact

お問い合わせ